リクルートが可能にする新たな時代のデザインとビジネスの融合
見出し画像

リクルートが可能にする新たな時代のデザインとビジネスの融合

リクルート プロダクトデザイン室

デザインのマネジメントを中心に様々な領域を横断する、デザインディレクターの村本浩二とクリエイティブディレクターの萩原幸也の対談。
情報の多様化が進む今、リクルートのデザインに求められるものとは何か。リクルートを代表する2人のクリエイターに話を聞きました。 

『SUUMO』のデザインディレクターとして、Web/アプリのUI/UX改善やデザインガイドライン策定など『SUUMO』プロダクトのデザインガバナンスを守る役割の村本。
リクルートのコーポレートに関するアートディレクションや、『ホットペッパービューティー』『じゃらん』『Airペイ』などのテレビCMやWeb動画のクリエイティブディレクションを行う萩原。
他社にはないリクルートの仕事のユニークさ、または難しさを、プロダクトデザイン、クリエイティブディレクション、両方の視点からご本人の経験と言葉をもとに語っていただきました。

「デザインとビジネスの融合」を掲げるリクルートのデザイン組織はこれからどこへ向かっていくのか。
デザイナーやアートディレクターとしての成長環境、人を巻き込みながら壁を乗り越えていく大切さ、リクルートのデザイン現場のリアルを伝えています。


みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!

プロダクトデザイン室では、一緒に働く仲間を募集しています。

ありがとうございます!
リクルート プロダクトデザイン室
株式会社リクルート プロダクトデザイン室の公式noteです。社員のインタビューや各職種・事業の業務について紹介しています。