マガジンのカバー画像

プロダクトマネージャーとして働く人々

14
プロダクトマネージャーとして働く方々のインタビュー記事です。仕事への想いや、リクルートへの入社経緯について紹介しています。
運営しているクリエイター

記事一覧

個々の「思い」から生まれる、十人十色のキャリアパス

飲食プロダクトマネジメントグループに所属する島村遊。美容領域、飲食領域のプロダクト開発を…

Will Can Mustで自律的にキャリアパスを切り拓く

植田雄大(うえだ・たけひろ)。2016年にリクルートライフスタイル(現リクルート)入社。『Ai…

「リクルートでやれないことはない」20代で掴んだ憧れの働き方

高岡 春花。『リクルートエージェント』クライアント向け施策担当MP、『リクナビHRTech採用管…

プロダクトも自分も、レベルアップしていく楽しさがある

本間 美香。プロダクトマネージャー。  クリエイティブエージェンシーでプロジェクトマネー…

日本の「美容」を担う トップシェアサービス強さの理由

朝比奈 わかな。チームリーダー。 物理学分野の機械学習研究で修士号を取得したのち、大手外資…

新しいサービスをつくり、業界そのものを進化させたい

立花 優也。クライアント向けプロダクトマネージャー。 大学・大学院で情報通信を学び、事業会…

業務そのものが好きだから、やりたいことが尽きない

平野 愛。クライアント向けプロダクトマネージャー。 前職では企画・開発職に従事した後、より深い業務理解を求めてエンジニア職を3年間経験した。リクルートに入社し、現在は美容業界系サービスのチームリーダーを務めている。現場に向き合うことにやりがいを感じる彼女が、リクルートに感じる可能性とは? 入社の経緯や、社風について聞いてみました。 「わからないまま企画を進めたくない」という思いから、エンジニアにジョブチェンジ ──平野さんの前職での経験についてお聞か

スキ
8

ソリューション開発からマーケティング戦略まで、課題に向き合い続ける

山口 浩基。リクルートの転職支援サービス『リクルートエージェント』を担当。 大学院を卒業後…

ひとりではなく誰かと、壁を越えていく

関 亜喜奈。プロダクトマネジャー。 農学部を卒業後、ベンチャー企業からスタートアップ企業へ…

顧客の声と現場に誰よりも向き合うプロダクトづくりを追求

無料のPOSレジアプリ『Airレジ』の、顧客管理に関するサービスでプロダクトデザイナーを務めて…

リクルートの事業を成長させるUXデザイナー(事業会社からの転職編)

誰もが知っている大企業で働き、給与にもそれなりに満足している。休みもあるし、やりたい仕事…

リクルートの事業を成長させるUXデザイナー(制作会社からの転職編)

今回は、プロダクトデザイン本部のUXデザイナー職においてマネージャーをしている舟見に密着で…

プロダクト企画から営業の現場まで、幅広く染み出したUXデザイナーの想いとは

2016年、新卒でリクルートに入社した中山。1年目は、『スタディサプリ進路』(当時は『リクナ…

主体者となって正解のない問いを解決するリクルートのおもしろさ

UXプランナーとして『ゼクシィ』を担当する伊津野、『カーセンサー』を担当する牛島、マーケターとして『ホットペッパービューティー』を担当する西村。若手社員3人にリクルートの仕事のおもしろさと難しさについて話を聞きました。 担当する領域は様々ですが、リアルタイムに世の流れを捉え世間に求められている価値づくりをすることに仕事の醍醐味を感じている点は共通しています。 しかし、リクルートで与えられる仕事の多くは抽象度が高く、誰かが知っている「正解」を見つけるのではなく、「最適解」を

スキ
6