リクルート プロダクトデザイン室

株式会社リクルート プロダクトデザイン室の公式noteです。社員のインタビューや各職種…

リクルート プロダクトデザイン室

株式会社リクルート プロダクトデザイン室の公式noteです。社員のインタビューや各職種・事業の業務について紹介しています。

リンク

マガジン

  • カスタマーサポート・企画として働く人々

    カスタマーサポート・企画として働く方々のインタビュー記事です。仕事への想いや、リクルートへの入社経緯について紹介しています。

  • カスタマーサポート・企画の仕事紹介

    カスタマーサポート・企画の業務内容について紹介しています。

  • イベント告知・レポート

    イベント告知やイベントレポートに関するマガジンです

  • プロダクトデザイン室で働く人々

    プロダクトデザイン室として働く方々のインタビュー記事です。仕事への想いや、リクルートへの入社経緯について紹介しています。

  • プロダクトマネージャーとして働く人々

    プロダクトマネージャーとして働く方々のインタビュー記事です。仕事への想いや、リクルートへの入社経緯について紹介しています。

カスタマーサポート・企画として働く人々

カスタマーサポート・企画として働く方々のインタビュー記事です。仕事への想いや、リクルートへの入社経緯について紹介しています。

すべて見る

「自分は何をしたいか」を問いながら、顧客や社会の課題に向き合う

君島 加奈。リクルートSaaS領域が運営する「Air ビジネスツールズ」において、クライアントサクセス・サポートを担当。ヘルプデスクの品質応対向上のためのスキームの構築や施策を推進する少数精鋭チームのひとりだ。学習塾講師、地域メディアのライター、外資系コンサル会社勤務と異色のキャリアを歩んできた彼女。プロダクトに深く関わりたいという想いと、「あなたは何をしたいのか?」を問うリクルートの社風に惹かれ、約束されたポジションを捨て、転職を決断したという。 講師、ライターを経て外資

スキ
17

リクルートは、チャレンジの数だけ成長できる会社

古飛 千絵子。リクルート SaaS 領域が運営する「Air ビジネスツールズ」において、クライアントサクセス・サポートを担当。 マネージャーとして、グループ全体の戦略を立案し、それを実行するためのチーム作りやマネジメントも担っている。新卒で入社したベンチャー企業でサービスの立ち上げから運営までを一通り経験し、さらなる成長を求めてリクルートへ転職した彼女。 「リクルートは自由で厳しい会社。だからこそ、自分次第でどこまでも成長できる」と語る古飛の、仕事への向き合い方に迫る。 メ

スキ
16

カスタマーサポート・企画の仕事紹介

カスタマーサポート・企画の業務内容について紹介しています。

すべて見る

Airレジのサポート業務効率化のためのデータ活用事例3選

こんにちは。リクルート新卒一年目の森本です。 大学院ではクレーマー対応ロボットやロボットの謝罪で申し訳なさを表現するといった内容のちょっと変わった研究をしておりました。 現在のミッションは、SaaS領域のクライアントサポートの業務改善です。 具体的には、『Airレジ』、『Airペイ』といった「Air ビジネスツールズ」を利用してくださっているクライアントの困りごとをヘルプデスク(電話対応やチャット対応を行うサービス)、FAQ記事、チャットボットなどで解消する取り組みの効率化

スキ
10

新しいプロダクトのサポートを立ち上げるときのポイント7選

こんにちは、SaaS領域プロダクトデザインユニット SaaSクライアントサクセスグループの松倉です。 『Airレジ』『Airペイ』などをはじめとする「Air ビジネスツールズ(以下Air)」でクライアントセルフサクセス(クライアントがプロダクト利用時に困りごとが発生しないような施策)の企画立案・実行と、新規プロダクトのサポート立ち上げを担当しています。 現在まさに、とあるプロダクトのサポート立ち上げ真っ最中です。 そこで今回は、立ち上げプロジェクトの中でこれまで私が実施して

スキ
16

VoCでプロダクトを改善するクライアントサポートグループ

SaaS領域プロダクトデザインユニット SaaSクライアントサポートグループ グループマネージャーの古飛です。 当グループは、リクルートSaaS領域が運営する「Air ビジネスツールズ」において、クライアントサクセス・サポートといったミッションを担っています。 具体的には、顧客の皆さまにプロダクトをより快適にご利用いただくための各種改善企画やマネジメントといった活動をしています。 この記事では、「Air ビジネスツールズのクライアントサクセス・サポートはどんな役割を担っ

スキ
17

イベント告知・レポート

イベント告知やイベントレポートに関するマガジンです

すべて見る

Adobe MAX 2023@LA 参加レポート

こんにちは! リクルートプロダクトデザイン室 デザインマネジメントユニットでデザインディレクターをしています、『スタディサプリ ENGLISH 』担当の黄と、『ホットペッパービューティー』担当の泉川です。 2023年10月にロサンゼルスで行われたAdobe MAX 2023に、2人で参加してきました。 リクルートのデザインマネジメントユニットは、複数の事業領域にまたがる横断デザイン組織で、所属するメンバー全員がさまざまな領域のサービスを担当しています。 組織の詳細が気になる

スキ
14

HR Tech Expo and Conference参加レポート

こんにちは。プロダクトデザインを担当している湯、佐々木とクライアントソリューションを担当している辛島です。 私達はアメリカで開催されたHR Tech Expo and Conferenceというイベントに参加しました。 そこでは最新の技術が詰め込まれたプロダクトをもった企業が多数出展しており、多くを学ぶことができました。 先進的な技術や取り組みをキャッチアップし、プロダクトに導入したいと考えている方々に届くといいなと言う気持ちでnoteに参加レポートをまとめましたので、ぜひご

スキ
21

Designship イベント参加レポート

はじめに9/30, 10/1にDesignshipが開催されました! Designshipは2018年から続くカンファレンスで、デザイナーのストーリー性を重視した引き込まれるようなセッションが多く、社内でも毎年話題になっています。 今年のコンセプトは「広がりすぎたデザインを、接続する。」 このコンセプトの下、多様なデザイナーたちが集まり、デザインという仕事をつなぎ、議論を交わしていました。 プログラムの中では、弊社のHR領域でデザインディレクションを行う小島の「スキルと経

スキ
20

プロデザ!byリクルート vol13「PdMが身につけるべきデータ分析スキル【Q&Aセッション】」

※2023年7月25日に開催したオンラインイベント「プロデザ BY RECRUIT VOL.13 PdMが身につけるべきデータ分析スキル【Q&Aセッション】」から内容の一部を抜粋・編集しています。   【登壇者PROFILE】 南 大智 株式会社リクルート プロダクトデザイン室 販促領域プロダクトデザインユニット(プロダクトマネージャー)。2018年にリクルート住まいカンパニー(現リクルート)に入社。データサイエンティストとして『SUUMO』のtoC向けデータ施策の分析

スキ
29

プロダクトデザイン室で働く人々

プロダクトデザイン室として働く方々のインタビュー記事です。仕事への想いや、リクルートへの入社経緯について紹介しています。

すべて見る

PdM未経験の2年目社員が重要プロジェクトを完遂。頼もしい先輩と歩んだ『レジュメ』実装ストーリー

はじめに2023年からリクルートの求職活動支援サービスに導入された新機能『レジュメ』。『タウンワーク』や『リクナビNEXT』など、複数のサービスで横断的に利用できる職務経歴書機能だ。   『タウンワーク』に『レジュメ』を実装するにあたり、プロダクトマネージャー(以降PdMと記載します)として案件を推進したのが安江玲於。新卒2年目、なおかつPdM業務未経験の安江にとって、初めての大役だった。   当初は進め方すら分からなかったというが、先輩である池内佑のサポートとアドバイスもあ

スキ
63

プロデザ!byリクルートvol14 「デザイナー×PdM デザインが魅力を高める『ゼクシィ』新規プロダクトのコラボ事例」

 ※2023年9月5日に開催したオンラインイベント「プロデザ BY RECRUIT VOL.14  デザイナー×PdM デザインが魅力を高める『ゼクシィ』新規プロダクトのコラボ事例」から内容の一部を抜粋・編集しています。     【登壇者PROFILE】 ・大辻満理弥 株式会社リクルート プロダクトデザイン室(デザインディレクター) 武蔵野美術大学油絵学科を卒業後、新卒でゲーム会社へ入社。その後、Webやアプリの制作会社を経て、2021年リクルートに入社。『ゼクシ

スキ
37

『カーセンサー』だけじゃない!_事業クローズアップnote [自動車領域]後編

はじめにリクルートの自動車事業といえば何が思い浮かぶだろうか?中古車情報などを提供している『カーセンサー』に加え、実は現在、自動車販売店の業務支援サービスを開発するなど、さまざまなプロダクトを手がけている。 *自動車事業の変遷やプロダクトの解説などは前編をどうぞ! 既に利用されているプロダクトの磨き込みや新規プロダクトのローンチにあたって、重要な役割を担うのがプロダクトマネージャー(PdM)とデザインディレクターだ。前者はプロダクト戦略やロードマップを描き、後者はデザイン

スキ
54

『カーセンサー』だけじゃない!_事業クローズアップnote [自動車領域]前編

はじめに「カーーセンサー・カーセンサー♪」 のCMでおなじみ。中古車情報を中心に車の購入や買い替えに関する情報を幅広く提供している『カーセンサー』。1984年10月5日に情報誌として誕生し、現在はウェブサイトやアプリなど多様なプラットフォームで展開している。 意外と(?)歴史の長い『カーセンサー』だが、振り返ってみると、業界のために何かできないか?と課題を設定し「業界初!」から「当たり前」を作ってきたことがうかがい知れる。上図のように、現在、リクルートの自動車事業は中古車情

スキ
70

プロダクトマネージャーとして働く人々

プロダクトマネージャーとして働く方々のインタビュー記事です。仕事への想いや、リクルートへの入社経緯について紹介しています。

すべて見る

PdM未経験の2年目社員が重要プロジェクトを完遂。頼もしい先輩と歩んだ『レジュメ』実装ストーリー

はじめに2023年からリクルートの求職活動支援サービスに導入された新機能『レジュメ』。『タウンワーク』や『リクナビNEXT』など、複数のサービスで横断的に利用できる職務経歴書機能だ。   『タウンワーク』に『レジュメ』を実装するにあたり、プロダクトマネージャー(以降PdMと記載します)として案件を推進したのが安江玲於。新卒2年目、なおかつPdM業務未経験の安江にとって、初めての大役だった。   当初は進め方すら分からなかったというが、先輩である池内佑のサポートとアドバイスもあ

スキ
63

プロデザ!byリクルートvol14 「デザイナー×PdM デザインが魅力を高める『ゼクシィ』新規プロダクトのコラボ事例」

 ※2023年9月5日に開催したオンラインイベント「プロデザ BY RECRUIT VOL.14  デザイナー×PdM デザインが魅力を高める『ゼクシィ』新規プロダクトのコラボ事例」から内容の一部を抜粋・編集しています。     【登壇者PROFILE】 ・大辻満理弥 株式会社リクルート プロダクトデザイン室(デザインディレクター) 武蔵野美術大学油絵学科を卒業後、新卒でゲーム会社へ入社。その後、Webやアプリの制作会社を経て、2021年リクルートに入社。『ゼクシ

スキ
37

WBSを使って仕事の仕方を見直した話 〜猪突猛進な新人PdM奮闘記〜

こんにちは、色もフルーツもオレンジが大好き!ガッサムと申します! リクルートの新規事業開発室でPdM(プロダクトマネージャー)を担当している、ガッサムこと衣笠友哉です。 2023年新卒でリクルートに入社し、今まで出会ったことのないような多種多様な同期と出会い、3ヶ月の濃密な研修を経て新規事業開発室の『保険チャンネル』に配属されました。 ここでは、今までノリと勢いで人生を乗り切ってきた私の、配属されてからこれまでの「ミスと学び」についてお話しできればと思います。 この

スキ
50

久しぶりに週5日出社して、「ワークプレイスの選び方」を身につけた話

こんにちは!12/23(土)のアドベントカレンダーを担当します、プロダクトデザイン室の 行川奈央(なめかわ なお)です。 2019年12月に株式会社リクルートに入社し、PdMとして『ゼクシィ』『ホットペッパーグルメ』のUX改善を担当してきました。 趣味はアイドルのライブ鑑賞・遠征旅行で、仕事が終わり次第、新幹線や飛行機に乗って度々地方に出向いています。 ところでみなさんは、最近はオフィスに出社していますか?週5日出社に戻った方、週2〜3日は出社し残りは在宅で働くよう

スキ
22