リクルート プロダクトデザイン室

株式会社リクルート プロダクトデザイン室の公式noteです。社員のインタビューや各職種・事業の業務について紹介しています。

リクルート プロダクトデザイン室

株式会社リクルート プロダクトデザイン室の公式noteです。社員のインタビューや各職種・事業の業務について紹介しています。

リンク

マガジン

  • リクルート プロダクトデザイン室アドベントカレンダー

    リクルート プロダクトデザイン室のアドベントカレンダー2022のマガジンです

  • プロダクトマネージャーとして働く人々

    プロダクトマネージャーとして働く方々のインタビュー記事です。仕事への想いや、リクルートへの入社経緯について紹介しています。

  • プロダクトデザイン室で働く人々

    プロダクトデザイン室として働く方々のインタビュー記事です。仕事への想いや、リクルートへの入社経緯について紹介しています。

  • デザインディレクターの仕事紹介

    デザインディレクターの業務内容についての記事です。様々な事業での業務事例を紹介しています。

  • イベント告知・レポート

    イベント告知やイベントレポートに関するマガジンです

リクルート プロダクトデザイン室アドベントカレンダー

リクルート プロダクトデザイン室のアドベントカレンダー2022のマガジンです

すべて見る

リクルートで働きながら「小さな農業」の実践。10ヶ月の半農生活で気づいた新しい暮らしとは?

こんにちは、リクルート プロダクトデザイン室 アドベントカレンダー 2022 7日目を担当する須佐和希(@3kdzuk)です。 2018年にUXデザインコースでリクルートに新卒入社して以来、PdM(プロダクトマネージャー)として『タウンワーク』や『リクナビNext』など人材マッチングサービスのUX改善を担当しています。またこのアドベントカレンダーを企画するような「中途採用プロジェクト」にも関わっており、プロダクトデザイン室についてより多くの方に知ってもらえるための活動も行っ

スキ
8

「職種名募集中」 SaaS領域 PdMとUXデザイナーの境目でバリューを出す仕事について

この記事は リクルート プロダクトデザイン室 アドベントカレンダー 2022 6日目の記事です。 1.はじめに執筆者は何者?  初めまして!上妻真緒といいます。株式会社リクルートのプロダクトデザイン室に所属し、SaaS領域で、『Airレジ』関連サービス『Airメイト』のPdMをしています。2020年に新卒入社し、同年7月『Airレジ』を経て、2021年4月より現職です。  私は普段、PdM業務を中心に行っておりますが、正式な所属を記載すると、「SaaSプロダクトデザイン

スキ
37

デザイナーが本気で採用広報に取り組んで見えた世界

デザインディレクターの竹内です!普段は『リクナビ』をはじめとするリクルートの新卒事業領域でプロダクトのデザインマネジメントを担当しています。プロダクトデザイン室アドベントカレンダー2022の5日目は、そんなデザインディレクターが採用広報プロジェクトを通して見えたことや、今後の展望について書いてみたいと思います。 プロデザ室採用広報プロジェクト、始まる! まず一部ではありますが、これまで取り組んできたプロダクトデザイン室独自の採用広報プロジェクトについてご紹介します。今年の

スキ
19

京大で宇宙を研究していた大学院生がリクルートに入社してPdMになった話

この記事は、リクルート プロダクトデザイン室 アドベントカレンダー2022 4日目です。 初めまして、小柴鷹介です。京大の大学院で宇宙の研究をした後、2022年4月にリクルートに新卒入社し、現在は『SUUMO』でPdM(プロダクトマネージャー)をしています。 この記事では、宇宙の研究を通して身についたスキルや考え方が、全く別分野であるリクルートのPdMという仕事において、どう活きるのかについて書いています。「リクルートの仕事やPdMの仕事は自分とは関係ない!」と思われてい

スキ
27

プロダクトマネージャーとして働く人々

プロダクトマネージャーとして働く方々のインタビュー記事です。仕事への想いや、リクルートへの入社経緯について紹介しています。

すべて見る

顧客インサイトを徹底的につかんだプロダクト開発・拡販の流れ 〜『HOT PEPPER Beauty』での『スタイリスト指定クーポン』の開発〜

こんにちは! 美容領域で『SALON BOARD』のプロダクトマネージャーをしている平野です。クライアントソリューションという組織で、全国のサロン様(以下顧客)に向き合いながら日々プロダクト企画・開発を行っています。 突然ですが、みなさんは機能追加をする際、どこまで顧客調査をしていますか? 顧客データを見て検討するのはもちろんですが、それだけでは顧客インサイトの真因はつかめません。 リクルートではアンケート調査やヒアリングで一次情報を徹底的に集め、顧客のインサイトを捉えて

スキ
11

「リクルートは体育会系?仕事中毒?」中途入社者が正直に語る。正直座談会①入社前のイメージと実態編

リクルートという会社にどんなイメージをお持ちだろうか?「体育会系っぽい」「昼夜問わず、猛烈に働いていそう」「押しが強い人が多いんじゃない?」など、どちらかというと、ファイティングポーズが似合う社風を思い浮かべる人もいるかもしれない。あるいは、「おまえはどうしたいの?」なんてフレーズだけ知っているという方も。しかし実際のところ、どうなのだろう。 そこで今回は、プロダクトデザイン室の中途入社者に正直に語ってもらう座談会を開催。入社から1年になるプロダクトマネージャーの境桃子、楡

スキ
49

SaaS領域プロダクトデザインユニット長に聞いた、 「リクルートがSaaSプロダクトで実現する世界とは?」

-はじめに- こんにちは!人材開発室新卒採用部の小幡・松井です。 今回のテーマは「リクルートがSaaSプロダクトで実現する世界とは?」です。 SaaSプロダクトデザインユニットのユニット長である鹿毛雄一郎に、リクルートのSaaSプロダクトが目指している世界観や、SaaSプロダクトを生み出す仕事の醍醐味を聞いてみました -登壇者情報- 「自分らしい選択ができる世界」の実現を目指して SaaSプロダクトを通してリクルートはどんな社会課題を解決しようとしているんですか?

スキ
16

個々の「思い」から生まれる、十人十色のキャリアパス

飲食プロダクトマネジメントグループに所属する島村遊。美容領域、飲食領域のプロダクト開発を経て、入社4年目の2019年にマネージャーに任用される。現在はプロダクトそのものだけでなく、飲食領域全体の事業戦略を立案する役割を担っている。 仕事をするなかで自身の職能を知り、進むべき方向性を見定め、順調にキャリアアップしてきた島村。「リクルートは個々の思いをベースに、キャリアをつくっていける会社」と語る彼に、入社から現在までの自身のキャリアパスについて振り返ってもらった。 仕事を

スキ
15

プロダクトデザイン室で働く人々

プロダクトデザイン室として働く方々のインタビュー記事です。仕事への想いや、リクルートへの入社経緯について紹介しています。

すべて見る

Air ビジネスツールズ担当が30代に向けてリクルートを選んだ理由

      <参加者プロフィール> ・鈴木尚幸(ニックネーム:シン) 株式会社リクルート プロダクトデザイン室 新規決済プロダクトデザイングループ(プロダクトマネージャー)。現在は株式会社リクルートMUFGビジネスに出向中。仕事内容は、お店の負担を減らすキャッシュレス決済サービスのプロダクトマネジメント。 [入社の経緯] 前職はSIerでクライアントワークに従事。直接ユーザーの声を聞きながらサービスを構築し、社会に貢献したいと考えリクルートに転職。 松林景子(ニックネー

スキ
7

「心理学と行動経済学を活かした“伸びる”プロダクトデザイン」とは?

2022年9月9日〜11日にかけてオンライン開催された「デザインの実践知があつまるカンファレンス」(主催:株式会社ビビビット)。現場で働く全てのデザイナーの挑戦や活躍を後押しするため、多種多様な企業のクリエイティブディレクター、デザイナー、プロダクトマネージャーが登壇。それぞれが現場での実践から得た、貴重なナレッジ「実践知」が3日間にわたって発信された。   リクルートからも、プロダクトデザイン室のグループマネージャー・反中望と松村草也が登壇。テーマは「行動変容デザイン」。両

スキ
89

「偉そうにする人はダサい」最前線で動き、メンバーとの対話を重視するリクルート役員のこだわり

偉そうにする人はダサい。最前線で動き、聞く耳を持つ――最初に、現在の塩見さんのお仕事について教えてください。 簡単に言うと「優れたデザイナーとマーケターの組織を作ること」と「ボトムアップで上がってくる起案の審議をすること」がメインで、9割近くは役員仕事です。 今のリクルートの事業は、大きく「人材事業」「販促事業」「SaaS事業」の3つに分かれており、それぞれに責任者として執行役員を1名ずつ配置しています。彼らは担当事業のプロフェッショナルではありますが、必ずしもデザイン、

スキ
56

「リクルートは体育会系?仕事中毒?」中途入社者が正直に語る。正直座談会①入社前のイメージと実態編

リクルートという会社にどんなイメージをお持ちだろうか?「体育会系っぽい」「昼夜問わず、猛烈に働いていそう」「押しが強い人が多いんじゃない?」など、どちらかというと、ファイティングポーズが似合う社風を思い浮かべる人もいるかもしれない。あるいは、「おまえはどうしたいの?」なんてフレーズだけ知っているという方も。しかし実際のところ、どうなのだろう。 そこで今回は、プロダクトデザイン室の中途入社者に正直に語ってもらう座談会を開催。入社から1年になるプロダクトマネージャーの境桃子、楡

スキ
49

デザインディレクターの仕事紹介

デザインディレクターの業務内容についての記事です。様々な事業での業務事例を紹介しています。

すべて見る

Air ビジネスツールズ担当が30代に向けてリクルートを選んだ理由

      <参加者プロフィール> ・鈴木尚幸(ニックネーム:シン) 株式会社リクルート プロダクトデザイン室 新規決済プロダクトデザイングループ(プロダクトマネージャー)。現在は株式会社リクルートMUFGビジネスに出向中。仕事内容は、お店の負担を減らすキャッシュレス決済サービスのプロダクトマネジメント。 [入社の経緯] 前職はSIerでクライアントワークに従事。直接ユーザーの声を聞きながらサービスを構築し、社会に貢献したいと考えリクルートに転職。 松林景子(ニックネー

スキ
7

リクルート全社を横断して展開!デザインマネジメントユニットのナレッジシェアイベント「横断デザイン会」

初めまして、プロダクトデザイン室 デザインマネジメントユニット デザインマネジメント部で部長をしております、磯貝です。今回は、リクルートのデザイン組織で実施しているナレッジシェアの取り組みについてご紹介させていただきます。 組織・職種役割の紹介 デザインマネジメントユニットはリクルートのデジタルプロダクトのデザインを統括している事業横断の組織です。デザインを活用しプロダクトの価値を最大化していく役割としてデザインディレクターという職種のメンバーが約60名在籍しています。

スキ
26

ゲーム畑から転身。デザインで暮らしの不便を解決したい

ゲーム制作で培ったスキルを「暮らしのアップデート」に活かす ――最初に、渡邊さんの学生時代からリクルートに転職するまでの話を聞かせてください。 大学では、ビジュアルデザインを学んでいました。怪獣の「モスラ」が好きだったので、蛾をモチーフにした水彩系のイラストを描いて、それをコラージュする作品を制作していましたね。 卒業後に何をしたいかよく分からないままデザインの仕事を探し、映画や占いなどのサイトを手がけていたベンチャーに就職。入社当時はガラケー向けの恋愛シミュレーション

スキ
14

スタディサプリのプロダクトを横断したデザインシステムを作る(デザイントークン編)

こんにちは。スタディサプリEnglishのデザインを担当している小鹿です。 この記事では、スタディサプリの複数プロダクトを横断したデザインシステムの構築について、お話をしたいと思います。 デザインシステムをつくる目的スタディサプリでは数多くのプロダクトを展開しています。 ※『スタディサプリ』は日本の小中高生及び社会人を対象としたオンライン学習サービスです。動画学習をはじめ、コーチング、ライブ授業、英語特化学習など、学生の環境や目的に応じて最高の「伴走者」となり得るサービ

スキ
148

イベント告知・レポート

イベント告知やイベントレポートに関するマガジンです

すべて見る

「心理学と行動経済学を活かした“伸びる”プロダクトデザイン」とは?

2022年9月9日〜11日にかけてオンライン開催された「デザインの実践知があつまるカンファレンス」(主催:株式会社ビビビット)。現場で働く全てのデザイナーの挑戦や活躍を後押しするため、多種多様な企業のクリエイティブディレクター、デザイナー、プロダクトマネージャーが登壇。それぞれが現場での実践から得た、貴重なナレッジ「実践知」が3日間にわたって発信された。   リクルートからも、プロダクトデザイン室のグループマネージャー・反中望と松村草也が登壇。テーマは「行動変容デザイン」。両

スキ
89

リクルートのプロダクトグロースを支える「ナレッジシェア」の仕組みとは?【オンラインイベント開催レポート】(後編)

デザインディレクターによるナレッジシェアの仕組み   続いては、デザインディレクターの磯貝直紀が登壇。総合デザイン会社を経て2015年にリクルートへ入社した磯貝は、さまざまな領域の部署を経験したのち、現在のデザインマネジメント組織を立ち上げ、デザインチーム全体のガバナンス強化やクオリティアップ、デザインで事業に貢献するための仕組みづくりなどを推進してきた。そんな磯貝が語るのは、デザイン職種に特化したナレッジシェアの考え方だ。   磯貝 直紀(いそがい なおき)。株式会

スキ
7

リクルートのプロダクトグロースを支える「ナレッジシェア」の仕組みとは?【オンラインイベント開催レポート】(前編)

  リクルートのプロダクトづくりの知見を公開   「プロデザ BY RECRUIT」は、これまでプロデザ室が培ってきたプロダクトづくりのノウハウ、デザイン組織運営において大切にしてきたことなどを発信するオンライン形式のイベント。リクルートについて正しく知ってもらうと同時に、日本のプロダクトデザインのレベルを底上げしていくことを目的としている。 7月28日に開催された第一回目のタイトルは「大公開! プロダクトグロースを支えるナレッジシェアの仕組みと文化〜」。登壇者は、プ

スキ
11

「リクルートが本気で考える、30歳から伸ばすデザイナーキャリア」株式会社ビビビット主催【真剣デザインチームしゃべり場】」(後編)

2022年8月4日に開催されたオンラインカンファレンス「リクルートが本気で考える、30歳から伸ばすデザイナーキャリア【真剣デザインチームしゃべり場】(主催:株式会社ビビビット)」では、リクルートプロダクトデザイン室に所属する30代40代のデザイナー5名が登壇。デザイナーの「30歳からのキャリア形成」について、腹を割ったディスカッションが行われました。その内容の一部を抜粋・編集して、前編後編に分けて公開します。(前編はこちら) 小島「僕の場合は上司の姿を一つの参考にしています

スキ
8